中村勝宏の魂の食対談

中村勝宏の魂の食対談
価格 本体2500円+税
四六版 340頁
ISBN978-4-903721-54-5

中村勝宏の魂の食対談

購入

006 まえがき 磯村尚徳
008 大切なことは、本気の姿勢をみせること
帝国ホテル 専務執行役員総料理長 田中健一郎
022 自分が持っているものを惜しまず与えるということが、日々の仕事である
ベージュアラン・デュカス東京 総料理長 小島景
040 メートル・ドテルは人生の食の語り部でなければならない
フランス ジョルジュ・バティスト杯協会 アンドレ・ソレール
064 “自分の信念に基づいた菓子をつくる”という、たった一つの方法論
オーボンヴュータン オーナーシェフ 河田勝彦
092 フロマージュとは、人間の知恵が詰まった神様の贈り物
(株)フェルミエ 代表取締役社長 本間るみ子
122 悩むからこそ何かが生まれてくる
東京・銀座ラ・ベットラ・ダ・オチアイ オーナーシェフ 日本イタリア料理協会会長  落合務
148 中国文化の歴史的な背景とその成り立ちを意識しながら、今一度、中国料理をとらえる
知味竹爐山房総料理長 山本豊
174 小野ムッシュが築かれたホテルオークラの基をいかに現代の流れに即して対応して行くかがとわれる
ホテルオークラ東京 洋食調理総料理長 善養寺明
190 シャルキュトリのない食事なんて考えられない
FICT(フランスシャルキュトリ・ケータリング・産業・食肉加工業連盟会長) ロベール・ヴォリュ
204 お客さまに恵まれているということはどんなに大切なことか
分とく山 総料理長 野﨑洋光
220 いたるところで何かを感じ、何かが得られる
ビゴ東京 オーナーシェフ 藤森二郎
240 料理人に大切な「5-5-5」
フレンチ割烹ドミニク・コルビ オーナーシェフ ドミニク・コルビ
258 高く志を立て自分の器を知る
フランス農事功労章受章者協会 創始者名誉会長 嶋村光夫
276 やっぱり自分は材料に愛情をかけ魂を込めて作りたい
北島亭 オーナーシェフ 北島素幸
294 好きであればこんなエキサイティングな世界はない
ラ・ブランシュ オーナーシェフ 田代和久
312 日本のソムリエは日本の食文化の中に根付いていくことが大切
国際ソムリエ協会 会長 田崎眞也
332 あとがき

« »